聴覚平衡覚検査機器


オージオメーター

Interacoustisc社 AD629

 

聞こえ方の検査をする標準純音聴力検査のほか、補聴器のフィッティングを行う際に重要な、ことばの聞こえの検査(語音聴力検査)や難聴の原因を推定する自記オージオメトリ等を行えます。

インピーダンスオージオメーター

Ineracoustics社 Titan

 

鼓膜の動き具合を見るティンパノメトリ、大きな音が入った時の耳小骨筋の反射を見るアブミ骨筋反射、耳管機能検査などを行うことができます。

滲出性中耳炎、顔面神経麻痺、耳管狭窄症などの診断に用います。

聴力検査室

RION社 AT-61N

 

静かな環境で聴力検査を行うことができます。

 

赤外線CCD眼振眼鏡

永島医科器械 IEM-2

 

めまいの診断に重要な眼振は、非注視にすることで誘発されますが、暗所下に赤外線CCDで観察するとより詳細に観察することができます。

重心動揺計

Anima社 グラビコーダー GW-31

 

体のふらつき具合を測定し、内耳性・中枢性のめまいふらつきの特徴と比較することで、めまいの原因の推定ができます。


CT・内視鏡・顕微鏡・手術器具


頭部用CT装置

RF社 NAOMI CT

 

頭部専用のCT装置です。単純レントゲンより副鼻腔炎、真珠腫性中耳炎、唾石症などをより正確に診断できるようになりました。これまでは医療センターに紹介し撮りに行っていただいておりましたが、当日院内で実施できるようになりました。

CT撮影のほか単純レントゲン撮影もできます。

耳鼻咽喉科用電子ファイバースコープ

OLYMPUS社 OTV-SI2 ENF-V3

 

直接眼で見ることのできない、喉の奥(喉頭・声帯・下咽頭)、鼻の奥(嗅裂・副鼻腔自然口・上咽頭)を詳細に確認することができます。腫瘍や異物の有無、炎症反応の程度などを確認することができます。先端径が2.6mmと細く、小児でも施行可能です

手術用顕微鏡

Carl Zeiss社 OPMI-99

 

耳の中を明るく大きく観察することのできる手術用顕微鏡です。

耳の中を詳細に観察することで、より正確な診断、より安全で細かい処置、手術(鼓膜切開術、鼓室換気チューブ留置術、鼓膜穿孔閉鎖術)を行うことができます。

高周波ラジオ波メス

ellman社 Surgitron Dual EMC90

 

高周波ラジオ波を用いた手術用メスです。双極のピンセット型電極を用いた鼻出血の止血や、通常のメスより細い電極を用いて口腔内や鼻腔、耳周囲の小腫瘤の切除、唾石の摘出などを施行することができます。


設備


待合室

 

絵画や季節の花を飾り、待ち時間を少しでも楽しめるように心がけております。

トイレ・オムツ交換台

 

男性用小便器は小さなお子様も使用できるよう、

高さの低いものとなっております。

また、トイレにはオムツ交換台が設置されております。

急なオムツ交換の際にご使用ください。